レポート一覧

投稿日:2017-04-23 府中 朝カフェの会

04/23 第137回府中朝カフェの会は、主催者から新中野 朝カフェの会。

本日の府中朝カフェの会は、主催者による新中野 朝カフェの会参加レポートのシェアが有りました。

・新中野 朝カフェの会は、メニュー指定の食べ放題形式。
・朝カフェの会から派生したチェス・英会話・英語リーディングなどの分科会。
・参加人数が少なかったお陰で普段聞けない話が聞けた。
・特に阿部久蔵氏と鎌コンバレイの話が興味深かった。
・イベントの種類で集まる方が地元中心にもなる。

府中以東の朝カフェ会場に参加しない主催者ですが、出掛けて勉強になりました。
地域に根ざした活動をどんどん、見聞したいと思いました。

読書感想のシェア:

1)『次の本へ』苦楽堂 牛窪恵著
「そう、エリートの八軒は、地方でゆっくり暮らしたいから農業に惹かれるのではない。
「汗水流しても報われない、そんな農業を変えたい」と、
現代資本主義社会に反旗を翻し、自ら新たな経済価値を見出そうともがくのだ。
「そうか」と目から鱗だった。
「都会で出世すれば大金が手に入り、人生が潤う」との考えは、あくまでも戦後日本に定着した経済の発想。
今の若者はもう、そこに限界を感じている。八軒の様に頭の良いエリートならば、尚の事。
だからこそ、マネー資本主義の対極に可能性を感じるのだろう。」

2)『ラジオラジオラジオ!』加藤千恵著
「智香は、塾で受けた模試の判定の結果や、受験勉強のはかどらなさを私に話した。
どれも初めて知る事ばかりだった。
そして智香は、大学を出て市役所に勤めたいという話の流れで、生まれ育ったこの市が好きだし、
離れて別の場所に住む事は考えられないとも言った。
欲しい物は大抵手に入るし、大都市だと疲れてしまう。
自分にとっては丁度良い大きさなんだと思う、と。
私には共感出来ない意見ばかりだったけど、理解したいと思った。」

3)『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』石原明著
「税理士に経営を教わってしまった社長がなかなか成功できない最大の理由がこれなのです。
つまり、もともと会社を大きくする方法を知らない所へ持って来て、
更に間違った情報を入れてしまう、という最悪のパターンなのです。
では、経営のプロと言うのは、どういう人達でしょう。
それは、「会社を経営し、なおかつそれを成功させている人」の事です。
ごく簡単に言えば、会社を発展させている社長さんと言う事ですね。
「蛇の道は蛇」という言葉も有る様に、どんな事もその道のプロに聞くのが最も良い方法です。」

更に、盛り上げますよ~。

投稿日:2017-04-19 府中 朝カフェの会

04/19 第136回府中朝カフェの会は、Sさんからウェステインホテル17F。

本日の府中朝カフェの会は、
Sさんからウェステインホテル17Fエグゼクティブフロアでのコンサルタント業務のシェアが有りました。

・Sさんは毎年、恵比寿のウェスティンホテルで1500万円を使っている。
・その為、エグゼクティブフロアを商談スペースとして自由に使える。
・エグゼクティブフロアでは、朝昼晩とビュッフェがあり、Sさんと一緒であれば全て無料。
・Sさんは、国際会計基準を活用した仕組みを使ったコンサルティングが得意分野。
・素晴らしいロケーションで目から鱗のコンサルティング手法を学べる。
だそうです。
主催者もご招待でウェスティンで食事した事が有りますが、サービスの行き届いた良い印象でした。
Sさんと一緒に、エグゼクティブフロアに行って見たいものです。

読書感想のシェア:

1)『絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます』石原明著
「お店としては交渉してクロージングする手間と時間が減り、接客要員も最小限で済みますよね。
つまり、定額制の方が収益性は高かったのです。
しかし、この定額制のお陰で日本の経営者やビジネスパーソンが交渉力をすっかり失い、
商売下手になってしまったと私は考えています。
お客様との交渉が出来ない為、値段を下げる他に売る方法を知らないのです。
売る側に交渉力が無い事が、安売り競争拍車を掛けたのです。」

2)『嘘つき王国の豚姫』岩井志麻子著
「そんな私の苛められる世界は、昭和46年辺りから始まっている。
大抵の写真が、カラーになりかけた頃。現実は、少しもカラフルではなかった。
物心が付いてしまったからだ。苛められる様になっていたからだ。強迫観念が、生まれていたからだ。
子供の頃の写真が無いのは、父も母も時代のせいにしていた。
私は、いつ親の嘘を知ったのか。その切ない記憶も、悲しい思い出も無い。最初から、嘘は嘘だった。」

3)『好色入道』花房観音著
「再び純子が声を出して体を仰け反らしたのは、
秀建が数珠を、純子の先ほどから男達に愛撫されて敏感になっている部分に擦り付けているからだ。
この数珠には媚薬でも塗られているのではないだろうか。
疼きが全身を震えさせてどうしようも無い。
数珠と自分の秘部が擦れ合うじゅぶじゅぶという音で、濡れているのが分かる。
我慢出来なかったのだ。
今まで自分から男のものを求めた事は、一度も無かったのに---。
数珠で擦られ続け、思考を失い、普段なら絶対に自分からそんな事を言わないのに---。
しかも、こんな醜い男に」

更に、盛り上げますよ~。

投稿日:2017-04-17 武庫之荘朝カフェの会

2017年4月開催報告です!

こんにちは!
武庫之荘朝カフェの会主催者の寺澤瑞実です!
4月16日は武庫之荘朝カフェの会の開催日でした。
参加者数は40名程度です。集合写真撮影の際には、大きな三脚を使って撮影していただけました。近隣でホームステイをされている海外の方も来られていました。
ニコニコ対応してくださるお店の方には本当に感謝しています。
次回は5月21日です。
ぜひ、気軽に関わってください!
今日の集合写真を添付しておきますね。
ありがとうございます!!

投稿日:2017-04-16 府中 朝カフェの会

04/16 第135回府中朝カフェの会は、Iさんから北とぴあでの食事会。

久しぶりに参加したIさんから、北とぴあでの食事会のシェアが有りました。

・北とぴあ12Fから咲き始めた桜が見えた。
・サプリ製造販売会社が主催する無料食事会。
・抽選会で神戸の美味しいパイ菓子が貰えた。
・体温を上げる効果の有るサプリで広島大学が実験結果を公表している。
・今月は、4/24月曜日開催。

中小企業でも、儲かっている会社は有るんですね。
儲かり続けている人は、自分から進んで「儲かって困る」とは言いませんからね。
黙って稼ぎ続け、儲け続けましょう。

読書感想のシェア:

1)『いちばんわかる! 手相の教科書』宮沢みち著
「同様に他人の手も見る事で、この人はこういう事で喜ぶ、
こういう事を好まないなど一瞬で相手を見抜けます。
相手に人も、どうしてそんなに自分の事が分かるのか驚き、自分を理解してくれる人と感じ、
手相をキッカケに良い人間関係を築く事が出来ます。
また、なかなか上手く行かない人とも、手を見る事で原因が相手の性格なのか、
時期が悪いのかなどが分かり、思い悩まずともよくなるでしょう。」

2)『売春未満 新・名前のない女たち 素人女性編』中村淳彦著
「父親は官僚で同級生はエリートのみ、ずっとトップだったのでトップも知っている。
友達が居ない、同級生に興味が無い、トップに居る人間達は所詮こんなものと知っている。
興味の無い人間達がヒエラルキーのトップに居る現在の社会は自分なりに理解してしまって、
勢いでソープランドに飛び込んでしまったのである。
自分自身や自分が身を置く環境に満足できない、
居場所を見つける事が出来ない変身願望か。今日も何かを変えたくて応募して、
エロ本の撮影現場に来ている。
メスや刃物で切り刻まれたボロボロの肉体は、エリートな環境から始まって、
親、そして職場である学校社会と繋がる事が出来なかった孤独の証であった。」

3)『なぜ若者はトイレで「ひとりランチ」をするのか』和田秀樹著
「スクールカーストの中で"一軍" "二軍"に入る為に必要な技能は、
コミュニケーション能力や社交能力である。皆が面白がって聞きたがる話をした上で、
空気を読みながら周囲と調子を合わせていかなければ、クラスの"仲間"とは認めてもらえない。
即座に"KY空気が読めない"というレッテルを貼られて疎外されてしまう。
村の掟を破ったら村八分にされる村民同様、クラスという共同体から排除されるのだ。
"他人と違う自分"に強い拘りを持ち、"皆と同じ"状態を嫌がる様なタイプは、そこで生き残れない。
誰もが"本当の自分"を殺し、周囲に合わせた言動ばかり見せる様になってしまう。」

更に、盛り上げますよ~。

投稿日:2017-04-15 東松戸 朝カフェの会

4月の開催について②

4月の朝カフェのランチライム開催を、もう1回行います。
4月30日(日)13:00~14:00に行います。

地元の方や、他の会場からのはしご参加される方、
皆様のお越しをお待ちしております。

また、再度のご連絡ですが、
4月16日(日)は中止します。お間違いないよう、ご注意願います。

投稿日:2017-04-14 小竹向原・まちのパーラー朝カフェの会

4/14レポート。

本日は後から来た方も含めて合計5人!
まだ小竹向原に来て1週間くらいという小竹向原ビギナーの方もいて、
「それなら町内巡りツアーやろう!」なんて企画まで持ち上がりました。
別途ご案内する予定ですのでお楽しみに!

他にも「iPadにおススメのアプリ」「洋楽の勘違い話」なんて話題も出てきました。

投稿日:2017-04-13 府中 朝カフェの会

04/12 第134回府中朝カフェの会は、Nさんから渋谷での活動のシェア。

Nさんが、ご自身の活動と渋谷での動きのシェアをして下さいました。

・渋谷の民間企業の個人が連携する勉強会を開催。
・国学院・青学の落語研究会の寄席の場を提供する。
・飲兵衛横丁を青学の学生中心にサポートし調理人を見付け店を再開。
・中学の保護者会での形式ばかりで何の変化も起こせない教育現場。
・自身の家庭での子供に対する選挙教育の話。

大学生との協働事業として、落語研究会の寄席に市民を参加させるなど、
実行してみたいと思いました。

読書感想のシェア:

1)『すごい実行力』石田淳著
「"人に説明できる事"は必ず"実行出来る"。
言語化するには、その行動を分解する必要が有ります。
細かく分解すればする程正確な言語化が可能になりますので、
"行動の分解"という概念を正しく理解して忠実に取り組んで下さい。
他人に分かるレベルまで分解すると、ポイントが掴めるので、行動はより容易になります。
行動を言語化する作業は、出来るリーダーになる訓練でもあります。
部下に取らせたい行動を的確に表現出来るので、あなたの指示やアドバイスが伝わり易く、
結果的に仕事が上手くいく様になります。」

2)『人生はニャンとかなる』水野敬也+長沼直樹著
「真っ赤に塗られた唇と口元のホクロがトレードマークのマリリン・モンローは、
1953年の"ナイアガラ"のヒットでスターになりました。
この映画の中で"モンロー・ウォーク"と呼ばれる、
お尻を振る特徴的な歩き方が注目を集めましたが、実はこれはマリリンのアイデアでした。
彼女は、右のハイヒールの高さを左のヒールよりも6mm程低くする事で体のバランスをわざと崩し、
ヒップや腰を使ってバランスを取らなくてはならない体勢にしていたのです。
人は完璧なものを求めている訳ではありません。
欠点や駄目な部分が自分を魅力的に見せてくれる事が有ります。」

3)『二十五の瞳』樋口毅宏著
「どうしてこんな風になったのか。
二人が初めて暮らした部屋は三畳しかなかったが、そこにそこには2年住んだ。
愛が有ったから平気だった。その後も六畳と台所しかない部屋に8年居た。
その間に籍だけ入れた。ずっと幸せにやっていけると信じていた。
妻はたまにアルバイトをしていた。
家にお金を入れてくれたのは、10年間一緒に住んでいたうち数ヶ月だったが、不満は無かった。
見栄っ張りでも浪費家でもなかったし、何より僕にとっては、居てくれるだけで良かった。
しかしそれがいつしか"寄生されている"と感じる様になっていた。」

更に、盛り上げますよ~。

投稿日:2017-04-10 

2017-4-10

投稿日:2017-04-10 府中 朝カフェの会

04/09 第133回府中朝カフェの会は、E女史から日帰りバス旅行のシェア。

本日の府中朝カフェの会は、満開を迎えた桜にちなんでE女史から日帰りバス旅行のシェアが有りました。

・クラブツーリズム主催で府中発の日帰りバスツアー。
・増上寺・舞浜サンルートホテルでランチバイキング。
・墨田川沿いの桜並木見学と偶然に獅子舞に遭遇。しっかり噛んで貰ったそうです。
・六義園の枝垂桜のライトアップを干渉しつつ、抹茶を一服。
・帰りも混雑する事無く、お手軽にバスで府中まで。

府中の桜も良いですが、バスに揺られ、自分で行き先や乗換えを考える事無く、都心の桜の名所を回るツアーも良いものです。


読書感想のシェア:

1)『あのころの、 リーメンビューゲル』窪美澄著
「ヘンタイって意外に近場に居るものなんだよ。透子も気をつけなよ。
などと言いながら、ハルカが小さなおにぎりの欠片を口に入れ、ご飯粒の付いた親指を口に入れた。
そんなハルカを見ながら、ハルカがさっき言った"私を産んだお母さん"という言葉についてずっと考えていた。
ハルカのお父さんは、ハルカのお母さんが亡くなった5年後に再婚し、ハルカはそのお母さんの事を新しいお母さん、と呼んでいた。
ハルカは何だって、いつだって、そんな風な家庭の事情を何でもない事みたいに口にする事が出来るんだろう。」

2)『日本の偉人の物語 親子で受けたい歴史の授業』白駒妃登美著
「さらに、アジアの小国である日本が、10倍以上の国力の差を跳ね除けて大国・ロシアに勝利した事は、
アジア、アフリカの多くの人を勇気付け、その後、彼らが独立運動を起こすきっかけの一つになりました。
この様に、日露戦争における日本の勝利と、それに伴う東郷平八郎の活躍は、
世界史の中では、非常に大きな、意義深いものとされています。
ところが、肝心の日本では、戦後70年の間、東郷を始め先人達が紡いで来た物語が語られる機会は、あまり多くは有りませんでした。」

3)『人のセックスを笑うな』山崎ナオコーラ著
「何時頃から恋が終わっていたのか、今となってはわからない。
息を吸うのも、歯磨きをするのも、駅の階段を上がるのも苦痛だ。
秋が来て、冬が来ても、ユリの事をしょっちゅう思い出していた。
こんなチンプな科白、吐きたくないけれど、"寂しい" "恋人に側に居て欲しい"。
まるで喉が渇く様に恋人を求めているし、抱き合う人が居ないのは砂漠の中央に居る様な感覚。
確かに穴は空けられていて、これはもしも女の子が居たら埋まる様な穴だ。
新しく好きな人が出来たら楽になるのだろう、とも思うが、
今は全く、他の誰かを好きになれる能力が自分に在る様な気がしない。」

更に、盛り上げますよ~。

投稿日:2017-04-09 東松戸 朝カフェの会

5月以降の通常開催時間変更のお知らせ

続けてお知らせ致します
5月より、参加者の希望ならびに参加状況、
またこちらの都合により、通常開催の開始時刻を50分遅らせることにしました。

4月まで 8:40~10:10
5月より 9:30~11:00
お間違いないよう、お願い致します。

9時以降の開始ですので、モーニングメニューが終わっております。
腹ごしらえをなさる方は、サンドイッチやサラダ、ピザなどの軽食、ランチメニュー等のご注文をお願い致します。

4月中にまた、臨時の開催を検討しております。

皆様のお越しをお待ちしております。