レポート一覧

投稿日:2018-11-07 沖浜 朝カフェの会

徳島 朝カフェの会 11/7

本日の徳島 朝カフェの会では4名の参加者がいました。うち2名は前回来て頂いた方で県外、市外からの参加です。初参加の60代男性、50代女性はともに徳島市内の方。 今回の参加者さんはみな音楽好きな方たちで、閉会後にみんなでカラオケに行きました。 今月から休日開催も初め、次回は11/17です。 徳島にお越しの際はぜひお待ちしております。

投稿日:2018-11-07 寝屋川 朝カフェの会

第174回 寝屋川朝カフェの会

【第174回 寝屋川朝カフェの会】 おはようございます! 本日は5名の方に来て頂きました。秋のハイキング日和ですね。社労士の小西先生とハイキングの話で盛り上がりました。 本日も新たに来て頂いた方もおり、ありがとうございます。 来週も相変わらず開催しますので都合の合う方は、よろしくお願いします。 ありがとうございました。

投稿日:2018-11-06 府中 朝カフェの会

9/5 第276回府中朝カフェの会は、civic tech nightのシェア。

本日の府中朝カフェの会は、civic tech night定例会参加のシェアが有りました。

・civic tech nightは、隔月第1月曜日にプラッツ5Fのカフェ・オレンジブーツで開催。
・チェックインとして、何の為に参加したかを、チェックアウトとして付箋に感想をメモして張り出す。
・地図情報と祭りを融合させて、地域の祭りの活性化が出来ないかを模索した。
・旧住民と新住民との融合を見据えて、個々の祭りの活性化にIT技術を活用していきたい。

府中朝カフェの会でも、議会・市政ウォッチングの動向を注視していきたいです。

読書感想のシェア:

モンスターウーマン 「性」に翻弄される女たち
「一般人とのセックスは(笑)、大学に入ってから出来た年上の彼氏とだけです。
とりあえず彼氏を作って、セックスを経験しておかなければという焦りがあって。
流れで初体験をした。痛くもなかったけれど、気持ち良くもなくて、こんなもんかという感じ。
もしその彼とのセックスが物凄く気持ち良かったり、
逆にサイテーな経験だったとしたら、AVには出ていなかったと思います。
私にとってセックスは、ただ一つの行為に過ぎなかった。
痛くも痒くもなかったから、躊躇い無く出られたんですね。
彼氏と別れてから、何度か雑誌の読者モデルに応募したり、歌番組のカラオケテストを受けたりしていたんです。
でも私みたいな子、何処にでも居るんですよね。
気が付かない振りをしていただけで、私なんてごくごく普通の子なんです。
脱皮して外の世界へ出て行きたいのに、その方法が分からなかった。
埋もれていきそうな自分を救い出してくれたのがAVだったんです。
元々目立ちたがり屋だし、人に見られるのは嫌いじゃない。
普通じゃ絶対出来ない経験も出来ているって、むしろやり甲斐を感じる程です。
ビデオに出る様になってから、普通の女子大学生を見て心の中でバカにする様になったんです。
同世代の彼氏と、つまらないセックスをしているんだろうなぁ~って。
今の私は、そんな、普通の子とはちょっと違うぞって。
あと、落ち込んだ時、日本のどこかで私のビデオを見て興奮してくれている男の人が居ると思うだけで、
なんだか元気になれるんです。」
大場真代

私には女性の排卵が見える 共感覚者の不思議な世界
「私はこういった、不可思議な言い回しでしか表現出来ない感覚を、覚えている限りでは生まれた時から持っている。
これまでにも、多くの方々から、どうやって身に付けたのか、と聞かれてきたけれども、
私がこの感覚を身に付ける為にした事は特に何も無い。
もちろん、どんな感覚かを説明出来る様になったのは、母語である日本語を覚え、
薄紫色、ヒヨドリ、抹茶といった単語の知識を得て以降であるが、
この感覚自体は、私が何らかの訓練をして身に付けたものではなく、
私が男性として生まれ持ったもの、だという自覚がある。
むしろ、この感覚は、生まれたばかりの頃や幼少期が最も鋭く
、 成人し社会に出るようになってから、ほんの少しずつ薄れてきている。
正確に言うと、私の目には、常時、女性の体とその周りの空気にぼんやりと色が見えていて、
その色味や濃淡や明暗の変化などによって、
今現在その女性が性周期のうちのどこに位置しているかが分かる、という感覚だ。
いま、目と書いたが、正確には視覚だけではなく、
体全体、肌全体でも色を感じ取っている、という言い方をするしかない。
色で判断する場合が殆どだが、時には音らしきものでも性周期を把握している。
それは人為的な音楽ではなく、例えばある女性からはいつもコマドリの鳴き声の様な音が聞こえていて、
その音高や音強の変化によってその女性の性周期が把握出来る。」
岩崎純一

なぎさの媚薬 2 圭の青春
「浴衣姿でバスルームから出てきた麻衣子を、圭はベッドの横にたたずんで迎えた。
立ったまま麻衣子の肩を抱き、唇を重ねた。
拭き取ったお湯と汗で僅かに湿った浴衣の上から、背中と、腰を撫でていった。
麻衣子は下着を着けていない。
目が合うと気恥ずかしそうに俯いて、襟に覗くうなじから、ボディソープの甘い残り香がふわっと立ち上った。
尻の割れ目に浴衣の布地を押し込む様に指を這わせ、尻の肉に軽く爪を立てると、
麻衣子は「あ・・ん」と吐息を漏らし、腰をくねらせた。
右手を前に回し、麻衣子の浴衣の裾を割った。
ぴったりと張り付いた太股の隙間をジッパーをあげる様に指でなぞると、
内股から力が抜けていくのが分かる。
指先が股の付根に触れた。薄い茂みを掻き分けて、細い窪みにそっと指を沈めた。
反射的に腰を引く麻衣子の尻を左手で支え、揉み解し、右の指先で窪みの奥の小さな粒を探す。
あった。敏感な粒はたちまち膨らんで、麻衣子の吐息は鼻にかかって丸くなる。麻衣子の胸に顔を寄せた。
頬擦りをして浴衣の襟を開き、乳房を、付根の方から乳首に向けて舐めていった。
もう少し粒に触れていれば、麻衣子の股間の泉からは蜜が滴ってくるだろう。」
重松清

更に、盛り上げますよ~。

投稿日:2018-11-04 阿佐ヶ谷北朝カフェの会

中央線阿佐ヶ谷 9名で開催しました。

先月10月9日(日)のレポートの投稿を忘れ、2ヶ月ぶりのご報告です。

今回も地元の常連さんや、遠方から電車に乗ってのご参加ありがとうございました。

ちょっとした、ハプニングで高円寺東からの「はじご」参加もいただいたり、楽しいひと時でした。 朝カフェの「部活」も話題になりました。主催させていただいている、私、本人も未だ どの部活にも参加した事がなかったのですが、お話を伺っているうちに、行ってみたいなと 思いました。そのうち、どこかの部活に参加させていただくかも知れません。
次回の開催は12月2日(日)に通常開催の予定です。 「朝カフェの会」に初参加の方にもデビューしやすい会場だと思います。

皆様のご参加お待ちしております。

投稿日:2018-11-04 横浜朝カフェの会

いつもお世話になります

横浜朝カフェの会 主催のジャイ子&オオソネです。 急に寒くなってきてカラダのコントロールが難しいかと思いますので、管理にご注意下さい。 さて、今年の夏にちょっとした事がキッカケで主催者は入院しましたが、現在は仕事や10月から横浜朝カフェの会を復活しました。しかし、この予期せぬ出来ごとが、毎日の生活での葛藤が起こりその日、その日に波があって、10月中旬~不定期開催にさせて頂いてます。カラダは以前より落ち着ける状態になりました。一度壊れたものを取り戻す事に時間が凄くかかり、この先が未定状態です。中止にする方向ではいたくないので、しばらくの間、お休み扱いとさせて頂きます。朝カフェの会はジャイ子にとって助けられていて感謝します。これからも宜しくお願いします。

投稿日:2018-11-02 名古屋市金山駅(旧堀田駅) 朝カフェの会

第7回 名古屋市金山駅 朝カフェの会: にぎやかに開催しました。

インターネットで見つけた!というお二人の参加者が!
シンプルに、嬉しい

残念なことは、記念写真が、男性のみになったこと
写真の練習必須です(汗)

投稿日:2018-10-24 府中 朝カフェの会

9/2 第275回府中朝カフェの会は、横浜ロイヤルパーク宿泊のシェア。

本日の府中朝カフェの会は、じゃらんや三越伊勢丹旅行券を使った横浜ロイヤルパークホテル宿泊のシェアが有りました。

・朝食付きで、62-65階に泊まれ、海側で部屋も広いので、三越伊勢丹旅行券10800円が一番お得である。
・じゃらんで早期割引を使って宿泊すると13000円/2人で宿泊出来るが、海側でもなく部屋も狭い。
・ロイヤルパークは、1回泊まると顧客登録されて、チェックアウトを1時間遅らせてくれる。
・ロイヤルパークホテルに宿泊すると使えるランドマークプラザの割引券を使うと、昼も夜も割引を得られる。

府中朝カフェの会でも、高級ホテル宿泊の動向を注視していきたいです。

読書感想のシェア:

なぎさの媚薬
「押し倒す。股を割って、頭をこじ入れた。
聖子は「やあん」と甘えた声を上げ、自分から哲也の舌を向かえる様に両脚を手で持ち上げ、尻を浮かせた。
縮れた薄い陰毛が、ちりちりと鼻の頭を撫でる。舌を動かした。
谷間を、下から上へ、すくう様に、唾液で濡れた陰毛が肌に張り付き、舌先は谷間の輪郭をくっきりと感じ取る。
ボディーソープの香りの奥から、微かな汗の匂いが立ち上る。
「スカート邪魔じゃないですか?」「・・穿いたままで良い」聖子の腰に手をあてがって、尻を更に高く持ち上げた。
舌を大きく動かした。谷間の端から端まで--肛門の周りの襞にも、触れた。
ペニスが勃起していくのが分かる。今度は大丈夫だ。根元から亀頭の先端まで力がみなぎっている。
谷間の上の端に舌が触れる。こりこりとした粒が、ある。
唇をすぼめて吸うと、聖子は「あんっ」と短く叫んで体を反らした。
尻をベッドに下ろす。体を起こし、トレーナーの上から乳房を揉んだ。
ブラジャーを着けていない乳房は柔らかくひしゃげていたが、乳首はトレーナーの布越しにもはっきりと見て取れるほど尖っている。
トレーナーを捲る。脇腹と胸を剥き出しにして、顔を隠したところで手を止めた。乳首をしゃぶり、
摘んで、綺麗に手入れしてある腋をを舌で擦る様に舐めていく。聖子の顔の前にペニスをかざした。
「お客さん、青春、欲求不満だたんでしょ」と聖子は笑って、ペニスの裏に下を這わせていった。」
重松清

足利直義 兄尊氏との対立と理想国家構想
「また足利氏と北条氏との縁戚関係は、源頼朝の命によって義兼が北条時政の娘をめとった事に始まるが、
以後も両氏は代々血縁関係によって強固に結ばれている。
具体的にいうと、義兼より尊氏に至る七代の足利当主はいずれも北条一門から正室を迎えている。
この様な縁戚関係やそれにともなう北条氏よりの厚遇によって、足利氏の地位は安定してはいたが、
やがて鎌倉幕府が得宗専制体制への傾斜を強めてくると、その地位は相対的に低下していったものと考えられる。
尊氏の祖父家時は三代ののちに天下を取るという悲願をかけて自殺したと伝えられる。
この伝承についてはあとづけであるとか今日疑問点も出されているが、
家時自殺の背景に北条得宗の独裁化があること自体否定することはできまい。
得宗北条高時はよもや足利尊氏が背く事はあるまいとタカをくくっていたものの、
尊氏の心中にはそれを越えるものが芽生えていたものと見なければならない。
鎌倉末期に閉塞状況にあった足利氏が起死回生のチャンスをうかがっていた事は、想像に難くない。
この様に見ると、鎌倉御家人足利尊氏が元弘の乱の最終場面で幕府側から倒幕側へ寝返ったのは
けっして突発的な行動ではなく、長い足利氏の北条氏に対する雌伏の時代を踏まえれば、
むしろ理の当然でさえあったのである。」
森茂暁

エロスと「わいせつ」のあいだ 表現と規制の戦後攻防史
「そもそもは江戸時代にまでさかのぼります。東海道の宿場である川崎宿には飯盛り女がいて悲しい思いもしていました。
その人たちがかなまら様に性病除けにお参りをしていたのです。
地べた祭と呼んで、ゴザを敷いて食事をしながらタケノコの様に芽吹く力を
もらいたいという祈りを込めて行っていた様です。
現在のかなえら祭として復活したのは昭和50年です。
ほかの神社でも性のお祭をしていたので、若宮八幡宮でもしようということになったのです。
昔やっていたのだから、また始めようよ、という事です。
祭の中心となったのは、この11月1日に行われる鞴祭の関係者です。鉄工関係の方達が集まりました。
地べた祭は、この鞴祭と一対というイメージでした。
私が博彦宮司と結婚し、若宮八幡宮に来た翌年のことです。
ゴザを敷いて地べたに円になって座りながら呑んだり食べたりして一夜を楽しむ訳です。
木で作った男根を回して、触りながらおまじないというか、子孫繁栄を祈念したりしながら、直会ですね。
江戸時代と同じ様に地べた祭と名付けました。かなまら祭りは、
今では5万人が集まりますが、当初はわずか10人くらいでした。
周囲も、なんか若宮さんで変なことをやっているよ、という受け止め方で、余り来なかったのです。
実行委員会形式で行っていたので、最初は氏子さんたちの参加さえ無かった位ですから。
始まった数年後にベルさんという日本人について詳しく調べている米国人が
ホテルで配布される外国人向けの新聞記事に、地べた祭について紹介した事が
きっかけで多くの外国人が訪れる様になりました。」
園田寿

更に、盛り上げますよ~。

投稿日:2018-10-24 阪急上新庄 朝カフェの会

2018/10/20第10回上新庄朝カフェの会 開催報告

10/20(土)に上新庄の駅前にあるガストで毎月定例の阪急上新庄朝カフェの会を開催させてもらいました!

今回は男性8名女性10名の計18名といつもより多くの女性の方にご参加いただき大盛況でした!
今月はハロウィンということも有り軽く遊んでみました!また、何名もの方から楽しかったです♪というお言葉をいただけて本当に開催して良かったです(*^^*)

今後も参加された方に楽しんでもらえるように色々と考えて取り組んでいきます!

来月は11/17(土)8:30~11:30で開催します!

「参加する時間は自由」
「参加費無料」
「事前の申し込み不要」
「フリートークのみ」
のみのゆる~い形式の交流会です(笑)

楽しいのでぜひ第3土曜日は少し早起きして上新庄まで来てもらえたらと思います♪

投稿日:2018-10-21 府中 朝カフェの会

8/29 第274回府中朝カフェの会は、府中市公共施設有料化反対のシェア。

本日の府中朝カフェの会は、府中市公共施設有料化反対署名運動のシェアが有りました。

・12月議会に向けて、公共施設有料化反対集会が行われ、署名運動も始まった。
・登録されている社会福祉団体の活動は、無料で公共施設を利用出来たが、今後は有料になる。
・公共施設の有料化に関しては、その決定の過程が曖昧で、住民不在のままに決まってしまった。
・12月議会に署名を提出し、有料化中止を陳情する予定。

府中朝カフェの会でも、議会・市政ウォッチングの動向を注視していきたいです。

読書感想のシェア:

訊き書き 高齢者の愛と性-おとなのれんあい-
「そうよ、私って変なの。そう言って秀子は直彦の腕の中に倒れ込んだ。
結ばれた当初は毎日の様に肌を合わせた。
60歳もとうに過ぎた男と女にそれ程のエネルギーが残っていたのかと思わせる程に激しい愛欲の日が続いた。
毎日でも鋭い感覚は衰えなかった。秀子は凄惨なやつれ方をした。
目の縁に黒い隈が出来て頬もこけた。何度でも激しい恍惚が秀子の内部を稲妻の様に貫いた。
「これじゃあ、二人とも死んでしまうかもね・・。」
激しい愛撫が終わって天井を見上げながら直彦は呟いた。
「これで死ねるなら私幸せだわ。あなたは怖いの?」
凄惨な顔で秀子は言って直彦の裸体にしがみ付いた。
求め、狂って、登り詰め、果てると泥の様に眠った。直彦の居ない時は、秀子は眠っていた。
激しい愛撫の後に空腹を感じて満腹する程食べるのに太らなかった。
秀子は自分で胸を触って判る程に痩せた。不思議な事に痩せると肉の悦びが鋭くなった。
そんな愛欲の日々が二ヶ月位続いて、やっと秀子は自分を取り戻した。
愛欲の嵐は静まったが、直彦への愛は一層深まった。
何度か子供から電話があった。娘は一緒に買い物に出掛けたい様だった。娘の電話を秀子は二度断った。
子供にも孫にも興味は失われていた。秀子の関心は直彦だけに向けられた。子供の為だけに半生を過ごした。
盲目的な母の愛はどうしてしまったのか、秀子は今の自分を考えると、
とても昔の自分が信じられない気持ちだった。」
菅野国春

娼婦たちから見た日本
「その晩、私は何度も彼女を思い出し、空が白んで安宿の隣にあるモスクからアザーンが響いてきた頃に、
やっと眠りに着いた。あの時の出会いから20年近くが経った。
名前すら忘れてしまった彼女は、今頃何をしているのだろうか。
苦界から逃れ幸せに暮らしているんだろうか。
顔もはっきりと思い出せないけれど、膝の上に乗った彼女の肉感と水色のビキニは、
昨日の事の様に脳裏に浮かぶ。
タイでの娼婦との出会いから5年程が過ぎて、私は生まれ育った横浜にある黄金町でタイ人娼婦達に出会った。
そこから、日本各地はもとより、南米、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピンなどを回った。
世間から殆ど顧みられる事の無い彼女達の生き様を聞き歩き、
そこから見える世界を紡ぎ出して見たいと思ったからだ。娼婦は日陰に生きている。
その存在から漂ってくる危うさ故に、私は彼女達を知りたくなってしまう。
旅を続けていくうちに、売春の歴史も辿る事で、
日本という国を普段とは違った角度から見られるのではないかと思った。
娼婦達は、正史の中には殆ど現れない。しかし、常に空気の様に歴史の中に存在してきたのだ。
今も私達の日常の片隅に娼婦達はいる。
彼女達、そして彼女達を取り巻く男達との物語から、私達日本人を違った角度から照射したい。
この取材の前芽は、今から20年程前のバンコクだった。」
八木澤高明

セックスボランティア
「私はその場から逃げ出したくなった。興奮している男性の性器を映像で見る事自体に抵抗があった。
しかも、このビデオでは老人で障害者である彼が自慰をしようとし、
手が動かない為に上手くいかない場面を撮られ、更に孫ほど歳の離れた男性がそれを手伝っている。
あまりに残酷なのではないか。また、隣の初対面の男性と二人きりなのも気になった。
彼はちらちらと私の反応を試す様な目つきで見ている。そんな時間がどれ位続いただろうか。
画面の向こうで老人は、最後に勢い良く射精した。白い液体が噴水の様に飛び散る。
照れた様な顔をして、満面の笑顔がアップになった。そこで初めて音声が流れる。
「ヒィー・・ハァー・・ヒィー・・」何かを話しているつもりなのだが、声にならない。
空気の音が漏れてくるだけだ。そこでテロップの説明が入る。<気持ち良い。
まだオナニーでいけるとはね。もう言葉は要らないね。
ビデオが終わると、男性障害者も私も押し黙ってしまった。
アスファルトを打つ雨の音だけが部屋の中にこだまする。
このビデオテープは美術大で映像を専攻しているある学生が2001年に卒業制作の為に撮影した。
その後、私はこの学生に会う機会が有ったのだが、痩せてひょろっとした背が高い色白の寡黙な若者だった。
「なぜこのビデオを撮ろうと思ったんですか」と私は尋ねた。
彼は「もっともらしい答えを言う事は出来る。
しかし、本当の事を話そうと思うと、どう答えていいのか分からなくなる。
何かに突き動かされたとしか言いようが無いんです。」と声を詰まらせた。」
河合香織

更に、盛り上げますよ~。

投稿日:2018-10-16 事務局

12月2日(日)朝カフェの会 忘年会 @東京

今年もまた忘年会を開催します。
開催場所は昨年と同じ池袋の天布酒家(てんぷしゅか)です。

日時 12月2日(日) 12時~15時(途中参加・退席自由)

参加費 1,000円(食べ放題・ソフトドリンク)
    ※アルコール類飲み物は1杯500円で飲んだ分だけ

場所 天布酒家(てんぷしゅか)
   東京都 豊島区 南池袋 1-26-2 近代ビルNo.3 6F
   池袋駅東口より徒歩2分

定員 100名くらい

参加希望の方は、こちらの参加ボタンを押していただくかた、または事務局までご連絡ください。

普段、朝カフェの会に参加できないという方も、ぜひご参加ください。

事務局 info@asacafenokai.com

Facebookからのエントリーはこちら

Twitterからのエントリーはこちら

アルコール類 一杯500円
サッポロ麦とホップ 中ジョッキ
レモンサワー、ウーロンハイ、緑茶ハイ
焼酎(イモ、麦) お湯割り・ロック