レポート一覧

投稿日:2018-10-16 事務局

12月2日(日)朝カフェの会 忘年会 @東京

今年もまた忘年会を開催します。
開催場所は昨年と同じ池袋の天布酒家(てんぷしゅか)です。

日時 12月2日(日) 12時~15時(途中参加・退席自由)

参加費 1,000円(食べ放題・ソフトドリンク)
    ※アルコール類飲み物は1杯500円で飲んだ分だけ

場所 天布酒家(てんぷしゅか)
   東京都 豊島区 南池袋 1-26-2 近代ビルNo.3 6F
   池袋駅東口より徒歩2分

定員 100名くらい

参加希望の方は、こちらの参加ボタンを押していただくかた、または事務局までご連絡ください。

普段、朝カフェの会に参加できないという方も、ぜひご参加ください。

事務局 info@asacafenokai.com

Facebookからのエントリーはこちら

Twitterからのエントリーはこちら

アルコール類 一杯500円
サッポロ麦とホップ 中ジョッキ
レモンサワー、ウーロンハイ、緑茶ハイ
焼酎(イモ、麦) お湯割り・ロック

投稿日:2018-10-15 府中 朝カフェの会

8/26 第273回府中朝カフェの会は、五つ星運動@三多摩定例会のシェア。

本日の府中朝カフェの会は、8/19開催にされた五つ星運動@三多摩定例会のシェアが有りました。

・水道法改正と水道行政の変化による、住民にとっての不利益について学んだ。
・外環道建設に伴う地域の環境の変化と都内の水脈に対する影響について学んだ。
・住民・国民が無関心でいる間に、既得権益を得ている人間によって、都合の良い様に法律を変えられてしまう。
・地域の問題は、住民に周知し、共に考え、行動し、必要となれば、自分達で政界に出る決断も必要だ。

府中朝カフェの会でも、五つ星運動@三多摩定例会の動向を注視していきたいです。

読書感想のシェア:

女の残り時間-ときめきは突然、やってくる-
「あまりに自然で、あまりに気持ち良くて。男性とするセックスとは違う。
それに私はやはり夏美の事が好きだったんだと思います。
彼女の為に手伝いたいという気持ちと、もっと彼女の傍に居たいという気持ちで、ずっと働いてきましたから。
それが恋愛感情かどうかはよく判りませんけど。
彼女は私の乳首を舌先で丁寧に愛撫しながら、指をあそこに出し入れしたんです。
深く、浅く、ゆっくりと、時に激しく・・。
夫には悪いけど、夫の性器より彼女の指の方がずっと感じてしまった。
もう我慢が出来ない、どうしたら良いか分からないと思った時、
身体が大波にさらわれた様に勝手に激しく動き出した。
彼女はそれに合わせる様に、更に指を激しく出し入れして、
ついに私、それまで感じた事の無かった激しい快感を覚えました。
後から夏美が言うには、「どうなるの、怖い、怖い」と叫んでいた様です。
私は彼女が、「もっと感じていいのよ、依子、依子」と名前を呼び続けてくれた事だけを鮮明に覚えています。
夫はベッドの中で名前なんて呼んでくれない。
名前を呼ばれる事が、あんなに嬉しかったり興奮したりする事だとは思いませんでした。
彼女は自分が責めるタイプ。彼女とそうなってみて判ったんですが、私はかなりマゾの毛があるみたい。
彼女の肘付き椅子の肘掛部分に脚を全開にしてくくり付けられるたりすると、
それだけで感じて感じて濡れなくってしまう。そういう時、彼女はなかなか攻めてこない。
「早くして」と懇願する事もあります。そうすると彼女、おもむろにバイブを突っ込んできたりする。
優しいんだけど、責める時は容赦なく責めまくるんです。」
亀山早苗

訊き書き 高齢者の愛と性-おとなのれんあい-
「ドアがノックされた。ドアを開けた途端、倒れ込むようにして入ってきたルリ子を抱きとめて唇を重ねた。
口づけはこの三ヶ月、何度も交わした。いつも濃厚な口づけだった。
口づけの巧みさでルリ子の性の軌跡が何となく予測出来る様な気がした。
私は抱き締めたまま、ルリ子をベッドに横たえたが、ルリ子は喘ぎながら、「シャワーを・・・」といった。
浴槽はお湯を満たしたのはルリ子だった。
何度もお湯に手を浸して加減を確かめて心地良い温度にしてから、
「二人で一緒に入りましょう」とルリ子は私を誘った。ルリ子は私の背中を流してくれた。
私達は浴槽の中で激しく愛し合った。
この習慣はそれ以後、十年間というもの変わらない私達の性の儀式となった。
その日、浴槽の中で激しく愛し合った後にベッドで本格的に抱擁の性に耽溺した。
その日、私達は貪り、二度も愛し合った。
二度目に目覚めた時は7時近かった。7時に最上階の和食の料理店をルリ子は予約していた。
急いでシャワーを浴びて私達はエレベーターに乗った。レストランは名の知られた老舗の店だった。
テーブルは窓辺に面していて見下ろすと新宿の夜景が広がっていた。
「私、この夜景の事、一生忘れないと思うわ。」
少女の様な言い方が私の心に沁みた。私も忘れないだろうと思った。」
菅野国春

性を再考する-性の多様性概論-
「「私を語る」事によって私が得たものは、「私は私のままで良い」という、初めて感じた「自己肯定感」でした。
この時私は、「私を理解してくれる人との出会い」を経験したのでした。
過去の自分と出会い、私を理解してくれる人と出会った私は、「自分の問題と出会い」
そして「同じ体験をした仲間に出会う」事にもなります。
私の場合は、同じ体験をした仲間と長い間出会えなかったので自分の問題にも出会えず、
従って孤立感やコンプレックスからも解放されなかったのです。
私が初めて同じ体験をした仲間に出会ったのは、過去の自分に出会った直後でした。
その当事者は自分の問題と出会い、過去の記憶と出会い、同じ体験をした仲間と出会っていました。
ですからその人は、自分自身の問題を自分で解決していたのです。
私は自分の問題と出会った時、次ぎの様な答えを私自身に出しました。
「私、男でも女でもない自分自身の性と向き合い、誰にとっても生き辛い世の中を生きていく事です。
私にとっては男であろうと、女であろうと、半陰陽であろうと関係無い、
私は私であって私以外の何者でもないからです。」」
橋本秀雄 花立都世司 島津威雄

更に、盛り上げますよ~。

投稿日:2018-10-14 東松戸 朝カフェの会

21回目の通常開催 2018.10.13

東松戸会場主催者の、畑中健太郎です。

本日はをのこ3名、おみなご1名、そして私の計5名。
久しぶりに「ますらお祭り」が解消されました。

本日は、黒糖コーヒーと東南アジアの甘い飲み物、一日一食の実践、
箱根駅伝の予選会、帰省等でありがちな親戚のえげつない言葉、
常磐線の車両、東北の列車の半自動ドア、社員旅行などの話題が出ました。

東北の列車の半自動ドアといえば、仙石線も半自動ドアです。
ラッシュアワーでもドアは自分でボタンを押します。

店長さん曰く、近日中にモーニングメニューがリニューアルされるとのことです。

例えば、トーストが厚切りになるようです。
厚切りのトーストは、食べ応えがありますね。

次回も、皆様のお越しを、お待ちしております。

投稿日:2018-10-14 大阪京橋第二 朝カフェの会

9/10

告知の仕方に反省 マネージャーが欲しい~。 懲りずにいらして下さいね。

投稿日:2018-10-14 大阪京橋第二 朝カフェの会

9/3 賑わい

レポートがだいぶ、遅くなりました。 9/3は大にぎわい。 久しぶりに会う方々に会えて、嬉しかったです。

投稿日:2018-10-10 西日暮里 朝カフェの会

第100回西日暮里朝カフェの会 2018年5月8日

今日で西日暮里朝カフェの会を始めて 第100回目となりました。 本当に皆様のお陰様です。 いつも本当にたくさんの出会いに感謝です。 ありがとうございます。 これからも、よろしくお願いいたします。 2018年5月8日 https://www.facebook.com/groups/asacaf/permalink/1707107292699842/

投稿日:2018-10-09 府中 朝カフェの会

8/22 第272回府中朝カフェの会は、府中松下村塾設立のシェア。

本日の府中朝カフェの会は、共に学び合うをテーマにした府中松下村塾設立のシェアが有りました。

・吉田松陰は、"教える事は出来ないが、共に学ぶ事は出来る"と語り、学生達と寝食を共にした。
・自ら学んだ事を、仲間と教え合い、学び合う事で、更に深い学びを得る様な会としたい。
・毎月第4月曜日に学びの会を持ち、人数が増えたら、分科会を作り、対応する。
・身近な話題から、地域社会・日本・世界まで繋がる解決策を思考する人材が育つ様にしたい。

府中朝カフェの会でも、府中松下村塾の動向を注視していきたいです。

読書感想のシェア:

盆踊り 乱交の民俗学
「乱交とは言うまでもなく、初めて出会った複数の男女が、その場で性的な関係を持つ事である。
その反応は、前もって十分に想像出来る。
自分はそんな変態ではない、とか、質問自体が下品だ、といった類の答えが、
怒りや軽蔑と共に殺到する事だろう。
社会の中には、性に対するこの様なマイナス評価が、常識という強固な壁として屹立している。
しかし、私がこの本で指摘しようとしているのは、見知らぬ相手との性関係は、
つい最近まで日本人の性関係は、つい最近まで日本人の性関係の基本とされていたという事実である。
つい最近を、いつと特定する事は困難だが、記録の上では太平洋戦争が終わった頃まで残っていた事が確認出来るし、
話だけなら、現在でも行われている、という土地がいくつもある。
見知らぬ男女の性関係は、変態どころか、それが日本人の性関係の基本の一つであり、
社会構造の根幹に組み入れられていた。盆踊りは、その象徴である。
今では盆踊りは、例えば徳島の阿波踊りや、富山の風の盆の様に、観光名物として持てはやされたり、
東京や大阪などの大都市では見知らぬ隣人の融和策として行われていて、性的な匂いは欠片も感じられないが、
本来は年に一度の乱交の場であったのだ。
そして盆踊りが性的な乱交パーティーであったことは、鴎外や花袋だけでなく、
民俗学者の柳田國男や折口信夫も認めているし、各地の市町村史や警察史にも、多くの記述が見られるのである。」
下川耿史

貧困とセックス
「取材する中で、母親に客を紹介されて未成年の頃から売春をしている少女が居た。
その母もまた、母に言われて売春をしてきた。平成日本の話だ。
少女には、幼くして一家の稼ぎ手としてお金を稼いでいるプライドがあった。
悲惨な虐待家庭から逃げ出して、東京の街角を補導員に怯えながら彷徨い、
スカウトに紹介されて売春組織で稼ぐ事を覚え、客の名義でアパートを借りて、自力で生活している少女。
彼女にとって何よりも怖かったのは、その自由が大人によって壊され、
彼女の心身をズタズタにするまで虐げ続けた親権者の元に送り返される事だった。
彼女達は貧困な生い立ちの被害者ではあるが、セックスワーカーである事に被害者感情は無かった。
そこに四角四面な法と規範を押し付ける事が、なぜ彼女らが、戦い抜いてきた人生と人格を否定する事だと分からないのか。
入り組んだ問題の背景を理解しないがあまり、本来は分けて考える筈の問題が混同視されたり、
当事者側からすればまるで的外れな対策が真剣に語られたりする状況に一石投じたく、この対談仕事を受けた。
僕らが取材してきたのは、支援者にも繋がる事が出来ず、自らがなんの被害者であるかも認識出来ず、
苦しいと言えない、声に出す能力すらないという中でもがき続けている貧困者だったと思う。
対談の中で、いくつもの新しい気付きがあった。日本を蝕む貧困問題の、ラスボス像、も見えてきた感がある。」
中村淳彦

あなたを奪うの。偏愛小説集-それからのこと
「私はゆっくりと立ち上がり、身体を平丘の方に向けます。
あなたと別れた事を今は、後悔している・・今更こんな事を言うのは間違っているの、分かってるけど」
平丘の必死で動揺を亥押し殺そうとしている引き攣った顔は、先程までの大輔への怒りが、
私への欲情に変わった事を示していました。
何かを堪えている表情です---私の好きな男の顔です。
男は同情と弱さを見せれば釣れるという事を、私はいつ覚えたのでしょうか。
いいえ、女は元からそれを知っています。
私の様な、か弱い女は、同情と媚態という武器が無ければ生きて行けないのです。
私は涙を溢れさせながら、平丘の目を見詰め、顔を近付けて行きました。
平丘の唇が、私に触れたくて堪らないと、尖っています。涙も汗も、
女が流す水には男を惹き付ける匂いがあるのに違いありません。
お願い、私を助けて---奪って---。私がそう言いながら唇を突き出すと、平丘は激しく吸い込みました。
私を抱き寄せてくれた平丘の男のものが硬くなっているのが分かったので、
すかさずそれに自分の腰を擦り付けます。勿論、偶然そこに当たってしまったかの様に。
薄手のスカートを履いてきたのは、この為です。胸元がふわりとしたレースの襟のブラウスを着てきたのも、
近寄れば私の白い肌が覗き込めるからです。
舌で口内を貪られ、その力の緩んだ隙間から私は甘い声を漏らしました。
わざとや演技ではなく、本気で快楽を得ているのです。
男が私を全身で欲してくれているのを口付けだけで感じるなんて。」
花房観音

更に、盛り上げますよ~。

投稿日:2018-10-07 名古屋市金山駅(旧堀田駅) 朝カフェの会

第6回 名古屋市金山駅 朝カフェの会: ありがとうございました。

まったりと、お茶しました。

投稿日:2018-10-01 府中 朝カフェの会

8/19 第271回府中朝カフェの会は、府中まちゼミチラシ配布のシェア。

本日の府中朝カフェの会は、9/1から始まる府中まちゼミのチラシ配布のシェアが有りました。

・8/24金曜日から、まちゼミの店舗受付が始まる前に、チラシが出来上がり配布が始まった。
・新聞での折り込みチラシも始まる予定。
・フェイスブックやツイッターでも、各店舗と講座の案内を行う。
・今回のまちゼミが成功すれば、次回以降のまちゼミも行われるので、成果が期待される。

府中朝カフェの会でも、府中まちゼミの動向を注視していきたいです。

読書感想のシェア:

「魔性の女」に美女はいない
「関西の大スター・やしきたかじんさんのケース。
彼が亡くなってから起きた色々なスキャンダル、数々の騒動は、後妻さんが中心となっていました。
最初の奥さんとの間にもうけた娘さんよりも若い、後妻さん。
まずは彼女の側から、たかじんさんとの愛と闘病の日々を綴った本が出て、それに反論する本が出ました。
ネットでは彼女の過去の結婚歴などが繰り返され、遺産を巡るドロドロな人間関係が浮き彫りとなり、
純愛物語は一転して疑惑物語になりました。
愛に生きた天使と呼ばれた後妻は、銭ゲバの結婚詐欺師呼ばわりまでされたのです。
私には本当の所など何も分かりませんが、辛酸なめ子さんそっくりの後妻さんが、
もし籍を入れずに看病だけして最後を看取り、一切お金は受け取らなかったら、
少なくとも世間からは本当に天使と讃えられたでしょう。
こんなスキャンダルにも塗れず、執拗に過去をほじくり返される事は無かったし、
愛の物語としてドラマ化も映画化もされて、それこそ、籍は入れなくても最愛の妻だった、
見たいな賛美がなされていたでしょう。
勿論、私となんの関係も無い後妻さんに向かって、籍を入れたのが間違いだったなんて言えません。
彼女はたかじんさんの前にも二度の結婚歴があったそうですが、
失礼ながらそのお二人が資産家でもなかった様子。昔から金だけを目当てに籍を入れていた。
なんて女性ではなかったのは確かです。
それどころか、いちいち籍を入れる古風で真面目な女性と言えませんか。」
岩井志麻子

ポリアモリー複数の愛を生きる
「ポりアモリストに人気の有る本に、The Ethical Slut(2009)と題された本がある。
Slutというのは、複数の人と性的な関係を持つ女性に対する侮辱語である。
直訳すると、倫理的でふしだらな女。
この戦略的・挑戦的なタイトルは、まるで、私達ポリアモリストは、
あなた達モノガミーがいう、ふしだらな事を、きちんと行っています。、という意思表明の様です。
実際、ポリアモリーにはモノガミーの倫理とは異なる独自の倫理が見られる。
では、その独自の倫理は一体どの様なもので、なぜ必要となるのであろうか。
きちんと複数愛を実践する為に、一体何が必要なのか。
ポリアモリストに尋ねると、理性、知性、コミュニケーション能力という返答が上位に来る。
理性とは、善悪を判断し、道徳や義務の意識を自らに与えるものである。
モノガミー社会における、善、は恋人や配偶者だけを愛する事であり、悪、はそれ以外の人との関係を持つ事だ。
他方、ポリアモリーの文脈において、善悪、の判断基準となるのは、
自分が関与している関係にとって自分の振る舞いは良いか、悪いか、という点である。
複数の人と関係を築くポリアモリーと1対1のモノガミー関係では、問題となる事柄が異なってくる。
また、ポリアモリストであっても、モノガミーを規範とする社会で生活していかなければならない。
ポリアモリーを実践する事によって生じる心的・社会的な問題に上手く対処する為には、知識が重要となる。
もし、ポリアモリストの友人が悩みを抱えていれば、自分達が乗り越えた方法を伝授する。」
深海菊絵

家庭内性愛
「アメリカの大雑誌、サイコロジー・トゥディの1984年5月号に載っている、
近親相姦に関する特集記事、語れない家族の秘密--恐怖と恥の為に、がそれです。
この記事によれば、アメリカでは、殆ど1500万人の人々が、近親相姦の為に苦しんでいる、というのです。
近親相姦は最後のタブーだと言われます。
しかし、このタブーは、それが話題になってからというもの、守られてはきませんでした。
いまや近親相姦hは、大抵の人々の予想を遥かに超えて、頻繁に起きているのです。
と、この記事は言っています。それにしても1500万人の人々がそれで苦しんでいるとは、驚くべき数字です。
1982年に、アメリカでは、報告された近親相姦のケースが、約48000件あったと言われます。
しかし、この数字は、実態を遥かに下回るものであるとする説もあり、
またある調査では、アメリカで毎年25万人以上の子供が犠牲になっている、とされています。
近親相姦をどの様に定義するかについては混乱があります。
ある定義によれば養父と幼女の間の性的な行動を近親相姦から除外していますが、
多くの治療者は、それが養父の場合と同じ様に子供にとって、破壊的な影響を与えるものである、としています。
またある人達は、性交だけを近親相姦と看做しますが、多くの近親相姦は性交を含んでいません。
思春期前の娘達の場合には、性行動は、胸と性器を愛撫される事であり、
また、父親のマスターベーションとフェラチオをさせられる事なのです、と、
この記事を書いた、副編集長のエリザベス・スタークは言っています。」
南博

更に、盛り上げますよ~。

投稿日:2018-09-29 新鎌ヶ谷 朝カフェの会

6回目の通常開催

新鎌ヶ谷会場、東松戸会場主催者の、畑中健太郎です。

本日は、この会場が初めての参加者が!ようこそ!
私と同じく、鎌ヶ谷市の出身です。

本日の話題も、私が鉄ちゃんなので、やはり鉄道の話題が多く出ました。

OsakaMetroの女性専用車、新京成電鉄のピンクがピーチ航空みたい、
新京成の昔の電車は扉が左右非対称、東武鉄道の車両や野田線の話題など・・・。

ほかには、合服(春や秋に着る服)や朝カフェの主催者をやりたい!の話、
この後他の会場に行く!という話が出ました。
合服は、例えば高校生の制服ではカーディガンや薄手のセーター、ベスト等です。

本日の参加者は「ますらを」3名で、先日の東松戸と同じく、「ますらをの会」となりました。
そういえば、自分は「ますらをの学校(註:男子校)」に行っていた、という話も出ました。

新鎌ヶ谷も、ついに東松戸のように定着しつつあるかな?と実感できました。

今後も、皆様のお越しをお待ちしております。