レポート一覧

投稿日:2018-02-12 府中 朝カフェの会

2/11 第219回府中朝カフの会は、2018年第1回議会への陳情のシェア。

本日の府中朝カフェの会は、2018年第1回議会への陳情のシェアが有りました。

・府中市には、現在、議会基本条例が無い。
・近隣の市町村には、議会基本条例があり、議員提案の条例成立の実績が有る。
・議会で条例を成立させるのが議員の本来の仕事である。
・議員の仕事を活性化する為にも、議員間討議を活発にして欲しいと陳情を提出予定。

府中朝カフェの会でも、府中市議会での議員間討議活性化の動向を注視していきたいです。

読書感想のシェア:

渇望-性、更年期、そして孤独感
「その日は、顔見知りの夫婦と触るだけという約束で触れ合っていたんです。
暫く経ってふと気付くと、夫はその奥さんとセックスしていた。
私は黙って泣くしかありませんでした。ご主人はずっと私の背中を撫でていてくれて。
奥さんが、イクー!と絶叫した時の声がまだ耳に残っています。
夫は私の所へ戻ってくると、コンドームを外し、私を押し倒して挿入してきました。
実は私、その時、強烈なオーガズムを知ったのです。体中の痙攣が止まらない・・。
夫が合図をしたんでしょう、触れ合っていたご主人にも挿入されて、更に深くて激しい快感が待っていました。
自分がどうなるのか分からなかった。怖い、死んじゃうと叫んでいたと、後から夫が言っていました。
その瞬間は、他人の目も夫の気持ちも、何もかもどうでもよくなってしまった。
どう考えても、他の夫婦と相手を交換し合って、人前でセックスするなんておかしいと思う私がいるんです。
でも、あの時感じてしまったのも事実。
結婚して20年も経ってから、夫の本性というか趣味嗜好が分かった事にも、改めてショックを受けています。」
亀山早苗

ためらう性・すがりつく性
「それなのに明くる夜10時から男の床に入って朝の3時まで私は狂乱しました。月経2日前でした。
初回は少しの前戯で正常位になり男のみオルガスムス2度目は横抱きに逆茶臼でした。
男の言う通りにしました。初めは膣外射精、
2度目は前戯と併用され殆んどオルガスムス寸前でしたが男は疲れたと言って中止しました。
昇進し切っている気持ちの持って行き様なく辛抱出来なくなり訊ねると、女上位になれと言われ、
言われた通りになってゆっくり腰を軽く振り乍ら体を上下しました。
男は何の感じも無いらしいのを辛抱してくれました。そして両手で私の腰を動かしてくれた。
4分程で早くも第1回オルガスムスが来ました。
不潔だなあと思いながら舌より唾液を吸う事が止められませんでした。
その姿勢のまま暫く堪忍して貰ってじっとしていました。
時々男のファロスが膣内でぴくぴくするのが何とも言えない快美感でした。
生まれて初めて昂奮に昂奮を重ねて男のファロスによりオルガスムスを味わった時は
身体がキュッとした様な寒気のする様な気持ちでした。」
日本生活心理学会

更に、盛り上げますよ~。

投稿日:2018-02-12 府中 朝カフェの会

2/7 第218回府中朝カフェの会は、稲田堤のTさんが初参加でした。

本日の府中朝カフェの会は、稲田堤在住のフットセラピストTさんが、お越し下さいました。

・元看護師・介護士のTさんが、フットセラピストに転向するまでの経緯。
・足指の使い方・ふくらはぎの使い方を間違えるとどんな弊害が出るか。
・昔の着物に下駄の生活から、靴を履く様になって日本人の足がどう変化したか。
・地味なフットセラピーが、どれ位日常生活の改善に繋がるか、を聞く事が出来ました。

府中朝カフェの会でも、フットセラピーの動向を注視していきたいです。

読書感想のシェア:

飛田の子-遊郭の街に働く女たちの人生
「美人は三日で飽きるとはよく言ったもので、ベテラン程その事を熟知し、
心も体も満足出来る濃厚なサービスを求めて愛嬌タイプの女の子を選ぶのです。
しかし、ナオは違いました。最初こそ若者中心に集客でしたが、一週間目後半からベテランが増え始め、
二週目にはそのベテラン達をリピートにし、更に一日のトータル数を増やしていきました。
美人特有の高飛車な言動が無い所がその要因だった様です。
常連のお客さん数人にナオの事を聞いてみると、口を揃えて、
あの娘、めちゃくちゃ丁寧やで、と答えました。
美人で接客も丁寧なのですから、お客が付かない筈がありません。
ナオは着々とリピーターを増やしながら新規の若者客も掴まえ、
二週目を終える頃には一日平均10本ペースをキープするまでになりました。
しかし私は、そこに気付けなかった。勝負の年に救世主が現れ、売り上げは鰻昇り。
どん底の日々に終止符が打てると舞い上がっていました。
ナオへの感謝の気持ちが強過ぎて、カナへの配慮を欠いてしまったのです。そして事件は起きたのです。」
杉坂圭介

萌えいづる
「自分が当たり前と思う事を拒まれる度に、目の前の男が遠くなる。
雪村とは一緒に風呂に入り、お互いの体を石鹸塗れにして遊ぶ事を当たり前にしていたのに。
真葛は脱衣所で全裸になり、体重計に乗る。二十代の頃と変わらない。
小柄な身体は、男の道具にされる。雪村は正常位だけでなく、立ったまま挿入して、
真葛の身体を持ち上げて腰を動かす体位を好んだ。
雪村がアグラ座りをして、その胸に背を当てる様にして、後ろから挿入され、
まるで幼児が放尿させられている様な体位を、鏡の前でされた事もある。
弓彦はそんな事はしない。ごくごく普通に上になってくる。その夜もそうだった。
キスをして、軽く身体に触れてきた。けれど、なかなか挿入出来なかった。
仕方無く、硬さが足りない男のペニスを真葛は自分から口にした。
この後、挿入して腰を動かし射精して--次の手順が読める様な、セックス。
夫婦のセックス、日常の線上にある、性行為、子供を作る為に排卵日だけに行う、
セックス--。やっとの事で挿入しても弓彦は射精出来なかった。」
花房観音

体を売ったらサヨウナラ-夜のオネエサンの愛と幸福論
「私の知り合いで、生理を自在に操れる!という、
雑誌の胡散臭い広告の様な特技を持ったオネエサンが居る。
アソコに力を入れるとまるでオシッコを我慢するみたいに、生理の血を中に閉じ込めらて、
ちょいちょいトイレでパシャッと出すんだって。
名をアンナという36歳のそのオネエサン、
元々は歌舞伎町にある有名なキャバクラのオネエサンだったのだが、
30歳を超えてから泡姫になられた。
アンナ姐さんの場合、必殺生理閉じ込め以外にも、シャワーの水をアソコに押し当てて、
アソコの中に水を含み、10秒程そのまま体内に水を閉じ込めた後に、
ばしゃっと出してアソコを洗ったり、下り物が出なくなるらしい。
好きな人の事を考えて愛液を出してアソコの調子を整えたり、
ちょっとセックスしていない期間とかたまに愛液を出さないと、
粘膜の具合が悪くなるらしい、と、性器関連には並々ならぬ情熱と、
それを裏付ける技術に卓越しているのである。」
鈴木涼美

更に、盛り上げますよ~。

投稿日:2018-02-12 東松戸 朝カフェの会

祝!1周年ー13回目の通常開催 2018.2.10

東松戸会場主催者の、畑中健太郎です。
本日は13回目の通常開催、朝カフェの会東松戸は1周年を迎えました。

現在の通常開催は毎月第2土曜日の9:30~11:00ですが、
開始当初は毎月第3日曜日の8:40~10:10でした。

これまでご参加くださった方々、ならびにイデカフェ東松戸店の方々に、感謝致します。

本日の来場者は男性4名と私。久しぶりに男子会になりました。

そして、おそらく朝カフェ東松戸では一番人気!?のメニュー、
フレンチトーストを、私も今回初めて食べてみました。
美味いです!

また、インスタ映えもしそうです!

フレンチトーストは写真1枚目のほかにも、
2枚目のキャラメルソースがけをはじめ、何種類かあるようです。
そういえば、以前にも見たような気が致します。

今回は、プロ野球チームと節分のイベント、プロバスケットボール、
武蔵野線と東武野田線の話題などが出ました。

ここイデカフェさんは、メニューが少々高めとなっていますが、
高めなだけあって味が良く、また店の雰囲気も落ち着いた雰囲気ですので、
毎回雰囲気の良い会となっています。

これからもここ東松戸で、朝カフェを続けます。
今後もまた、皆様のお越しをお待ちしております。