レポート一覧

投稿日:2018-12-05 沖浜 朝カフェの会

徳島 朝カフェの会 12/5

今年最後の平日朝カフェ。 初参加者はおらず、2回目以降の顔なじみばかり。 でも、個々では初対面の人もおり、ゆる~くでも楽しみながらの6名での開催でした。 半分は市外、県外からの参加者で、また主催の私を含め移住者率も多く、いつも徳島をどうアピールするか、 徳島の良いところや悪いところなど、徳島トークで盛り上がっています。 今月から県南での主催も決まり、徳島に朝カフェがどんどん浸透していってるのが嬉しいです。 年代も20代から50代と広く、いつもいろいろな世代のお話が聞けてとっても為になります。 今月の休日開催は、年末という事や普段なかなか参加できない人もいるため夜カフェにしてみる予定です。 また新たな顔ぶれが集まるといいなぁ。

投稿日:2018-12-05 府中 朝カフェの会

9/9 第277回府中朝カフェの会は、府中五つ星運動設立のシェア。

本日の府中朝カフェの会は、7/15開催の府中議会ウォッチング定例会のシェアが有りました。

・五つ星運動@三多摩は、すでに6回以上府中のプラッツで開催されている。
・いずれ、現在五つ星運動@三多摩に集まるメンバーが、各地で運動展開を始める前に府中での体制を確立したい。
・地域課題から、興味を持ち始めて、解決策を見出し、自ら行動する人を輩出したい。
・共に課題に気付き、知り、理解して、研究し、解決策を見出し、行動する会にしたい。

府中朝カフェの会でも、議会・市政ウォッチングの動向を注視していきたいです。

読書感想のシェア:

なぎさの媚薬 敦夫の青春|研介の青春
「悦子先生は理事長の上に跨って尻を振る。
円を描く様に、ゆっくりと。いかにも柔らかそうな尻の肉が、ときどき、きゅっと締まる。
その度に尻と腰の間に窪みが出来て力を緩めると消える。乳房が背中に隠れたせいだろうか。
前から見ている時よりもウエストのくびれがくっきりしている。そのぶん尻も大きく見える。
左右に分かれた肉の狭間の翳りも、そこを刺し貫く理事長のペニスも、はっきりと見て取れる。
先生は尻を振りながら、何度か研介を振り向く。
うつろなまなざしで研介を見て、かすかに頬を緩めて、また壁に向き直る。
尻の動きが次第に激しくなってきた。先生の腰を掴んでいた理事長の大きな手のひらが、下に降りる。
尻を鷲掴みにした。谷間を押し広げた。そして、太い指が谷間の後ろの方の一点を揉みしだく。
「だめぇ・・そこ・・嫌なの」先生は首を横に振る。長い髪が揺れる。理事長は低い声で笑った。
指は更に強く、深く、谷間の一点に押し付けた。「ここ、どこだ」笑いながら訊く。
「言って見ろ、今、どこを弄られているんだ」「・・だめ、です・・そんなの・・」
「いつも言ってる事だろ。ほら、早く言え」「・・嫌ぁ・・」
「聞かせてやれよ、かわいい生徒に、ここ、なんて言うんだ、英語で、ほら、ここだよ、ここ」
先生の腋の下から、理事長の顔がチラリと覗いた。目が合った。
先生と同じ様な、厚みの無いうつろなまなざしだった。」
重松清

チベット自由への闘い ダライ・ラマ14世、ロブサン・センゲ首相との対話
「日本の役割は従って、アメリカと共に中国的価値観で世界が支配されなくて済む様に、
新たなより良い価値観を広めていく事だ。
従来の民主主義や法治、人間の自由の擁護に、日本的誠実と相互尊重の要素を交えて、実践して見せる事だ。
より良い世界の構築に、日本こそが大いに力を発揮すべき時が、今なのである。
チベット人がチベット人らしく、モンゴル人がモンゴル人らしく、またウイグル人がウイグル人らしく、
更に言えば、台湾人が台湾人らしく生きる事の出来る国際社会は、
日本人もまた、日本人らしく生きる事が出来る社会であるという事だ。
チベット人がチベット人らしく生きていける国際社会を創ろうと問題提起する事は、
中国の様々な脅威に身を晒す事でもある。
それでも私達は、人間が人間らしく、民族が民族らしく、国が国らしく生き、
存在する事が出来る様に勇気を持って発言しなければならない。
チベット人も、その他の弾圧されている民族も、更には日本人も、
勇気を奮い起こし、信念を持って、自分らしい道を歩み続けなければならない。
それは最終的に中国の人々と中国の為になると信じてやまない。」
櫻井よしこ

男が知りたい女の「気持ち」 永遠のナゾに女医が答える
「男性の専売特許の様に思われている浮気ですが、勿論女性でも浮気する人はいます。
最近は小説やテレビドラマの題材にもなっているので、それ程珍しい事ではなくなったのかも知れません。
この浮気についても、ホルモンが関係しているという調査結果があります。
女性の中でも、エストロジェンの一種、エストラジオールが多い人は浮気をする傾向が高いという報告が、
イギリスの学術誌で発表されています。
その理由としてエストラジオールが多い女性は、胸が大きく、
顔立ちが魅力的で、ウェストとヒップの差が小さい傾向にあり、
自分自身を魅力的だと感じ、同時に他人の目にも魅力的に映っているというのです。
実際に、エストラジオールの多い女性は、「浮気の頻度が高い」
「関係が長く続いたパートナーの数が多い」という結果が出たそうです。
一見相反する結果ですが、これはつまり、エストラジオールが多い女性には魅力的で、
意中の男性のハートを掴み易くカップルでいる期間が長くなる一方、
より好みの男性が現れたら乗り換える事も出来るからだと解釈している様です。
最近、女性誌などで女性ホルモンをアップさせる様な記事が多く見られますが、
自分を魅力的に見せるにはエストラジオールが必要だという事が認知されてきたからなのでしょうか。
パートナーが近頃きれいになった男性は、ちょっと気を付けた方が良いかも知れません。」
田村秀子

更に、盛り上げますよ~。