レポート一覧

投稿日:2017-12-11 府中 朝カフェの会

12/10 第201回府中朝カフェの会は、ミャンマー映画鑑賞のシェア。

本日の府中朝カフェの会は、 12/8外語大アゴラ・グローバルで開催されたミャンマー映画鑑賞のシェアが有りました。

・革命で両親を殺害された男の子が地方の村で学校の先生になり小学校が設立されるまでの話。
・ミャンマーで先にコミック化され、後に映画化された作品であった。
・エキストラの子供達も一緒に1ヶ月合宿して撮影、監督の指揮の下、しっかり撮影されている。
・多々、編集されているが、その編集技術は高い評価が出来る。

府中朝カフェの会でも、外語大主催の映画鑑賞会の動向を注視していきたいです。

長生きは"唾液"で決まる!
「ただ、病気未満のからだの声においては、薬はありがた迷惑な存在と言わざるを得ません。
何故ならば、身体の不調をただ先送りしているだけなのですから。
身体の声は、未病とも言います。
まだ病気ではないけれど、無理が来ているよと、身体が自分に対して発しているシグナルです。
不調が発生した時に、身体の働きをわざと低下させて、
それ以上深刻な事態にならない様にする、謂わば身体の智恵です。
例えば、頭痛であれば、疲れが溜まっているよ、いい加減に休んでと伝えて、
自分を働かせまい、としているのです。
しかし、多くの人は、頭痛薬を飲んで、仕事に行きます。
行かざるを得ないのかも知れませんが、疲れは残ったままです。
そうやって蓄積した疲れは、例えば脳卒中の様な、もっと重大な病気を引き起こす可能性が有ります。
下痢は、身体に溜まった不要物を洗い出そう、とする防御反応です。」
植田耕一郎

AV男優の流儀-しみけん
「本気の夢は100歳になってもAV男優を続ける事です。勿論、根本的にこの仕事が好きなんです。
AVって僕、ウンコみたいなものだと思うんですよ。
世間一般から見たら、なんでAVなんかに出てるの?
って排泄物みたいに毛嫌いされる様な面も有るけど、誰かの役には立ってる。
ウンコだって肥料になるでしょ? 僕はそんなAVの世界で輝きたい。光り輝くウンコになりたいんです。
将来的には男優をやりながら"しみず"っていうAVメーカーも立ち上げたいんです。
デブ、ブス、ババア、ウンコ物を専門にした。
でその会社の2階が僕の住居、3階がスポーツジム、4階が女性専用の賃貸アパートにしてトイレの排水溝を全部、
僕が居る管理人室に引くんです。
僕が食べて健康管理をする訳です。あと、コンビニも経営したいなと。」
鈴木おさむ

島田秀平の手相占い
「基本的には、線がはっきりと強い方が良い相だと言われています。
線は運気が流れる川という考え方が有ります。大河の様に途中で邪魔する者が無く、
強く深い川(線)は、流れも良く理想的と言えます。
心身共に澱み無く、自分に合った人生を勢い良く生きている方です。
逆に、弱くて切れ切れだったり、途中で中州(島)や横切る線(障害)などがあると、川の流れも弱くなります。
そういう線の持ち主は、自分の才能や気持ちを押し殺してしまっている為、運勢も滞り勝ちになります。
良い手相に変える為には、今があまり良くなくても諦めない事。
そして、自分の気持ちに正直になって、自分が本当は何を望んでいるかを考え、前向きに。」
島田秀平

更に、盛り上げますよ~。

投稿日:2017-12-11 東松戸 朝カフェの会

11回目の通常開催 2017.12.9

東松戸会場主催者の、畑中健太郎です。
通常開催は今回で11回目!

今回、朝カフェ東松戸開始以来最高の参加者数(6名、男女各3名)となりました!
皆様ご参加ありがとうございました!

本日の話題は…

FWS会について
印西市民クリスマスの聖歌隊
11/25の臨時開催の様子
割引券は、毎月さいしょの「ちいき新聞」についてくる! 引き寄せ―会いたかった人が次々に来る!
闘病、入院生活について
ステロイドの副作用
朝カフェ東松戸忘年会について
夜勤にまつわるエピソード
他のイデカフェ店舗、東京にもほしい!
ここのフレンチトーストが好き!
東松戸の町並みと発展
好みの男性のタイプ―昭和の雰囲気がほしい
朝カフェの会場単位での忘年会は実はけっこう多かった
会計事務所は2月〜3月が忙しい
お店とクレーム
これから亀有会場へハシゴ
いんザイ君ぬいぐるみは地域性を感じられて良い
亀有ならこち亀の両さんかな
パーティーは料理がたくさん残るのがもったいない

など

7人になり、テーブルの移動を少しやりました。ご協力ありがとうございました。
尚、そのうちの1人が写真NGとのことですので、ここでの写真は6人となっています。
ナイスショット、ありがとうございます!

参加者が多くなってくると、複数のグループできてしまいます。そのため、あまりお話しできなくなる方も出てきます。ここがちょっと申し訳なかったなと思います。

この会場は、いつも私たちが座っている場所のほか、2枚目の写真の後方にあるベージュ色の席があります。
こちらですと柱がないので、分断されずに多くの人が座れます。

しかし、店の入口からわかりにくいのが難点です。
もっと言えば、初めての方が場所を見つけにくいのです。

これからも地道に、東松戸の朝カフェを続けて参ります。
どうかごひいきに、よろしくお願い致します。